宅配クリーニング比較サイトは信用できる?知っておきたいポイントとは?

ページ

仕事や学校などで帰宅が遅くなってしまって、明日着る予定だった洋服を受け取れなかったり、クリーニングに出さなければいけないシャツが溜まって困っていると言う人、周りに結構いるんです。

そんな時、24h開いているクリーニング屋あればいいのにと思うのですが、24hのクリーニング屋さんを街中で見かけたことがありません。

深夜までやっているスーパー内に併設しているクリーニング店でも20時頃には終わってますよね。

そこでオススメなのが、24hいつでもOKな宅配クリーニングです。

宅配ボックスで回収してくれたりコンビニから出すこともできるなど、24h、時間を気にせずクリーニングを出すことができます!話題の宅配クリーニングのリナビスを知っていますか?キャッチコピーが「おせっかいで高品質なリナビス」と、なんとも個性的です。

2018年6月にTVで取り上げられたことから知っているという方も多いのではないでしょうか。

リナビスはクリーニング歴40年を誇る精鋭の職人たちが無料の8つの大おせっかいというものを掲げています。

1送料無料(0円)、2無料でお洋服を6か月間保管、3シミ抜きが無料、4ボタンの修理が無料、5、無料でクリーニング相談、6毛玉取りが無料、7再仕上が無料、8おせっかいな気持ちが無料最後の気持ちと言うのが微笑ましいですね。

宅配クリーニングでシミ抜きをやってもらうことはできますか?と言う疑問をよく耳にします。

シミ抜きサービスは基本的に無料でやってくれる業者が大半です。

ただし、シミの種類によっては落ちづらいものもあるかと思いますので、その場合はしみ抜きに強い業者に依頼したほうが無難です。

また、悲しいかなクリーニングに出したのに、付けた覚えのないシミが付着していたということもあるようですので、クリーニングに出す前に商品の状態をきちんと確認してから宅配クリーニングに出すことを留意しましょう。

そういった場合には、再仕上無料という業者であれば綺麗にしみ抜きをしてくれますので、業者に問い合わせしましょう。

宅配クリーニングを利用してみたいけど、まずはお試しからという人も多いかと思います。

宅配クリーニングで人気の高いリネットは、初めて注文する方であれば全品半額、さらに何点出しても送料無料、プレミアム会員費も初月無料となり、満足しなければ登録月で脱会してもOK、その上2回目の利用が30%OFFという、宅配クリーニングを初めて利用するという方に嬉しい制度になっているのです。

年会費プランなら2400円分のケアパスが貰えるので、月会費プランよりお得ですよ!冬が終わりコートをクリーニングに出したいなと考えているけど、コートは重いしかさばるので持って行くのが大変、また、クリーニング屋がやっている時間に行くことができないという方も多いかと思います。

そんな方に是非利用して頂きたいのが宅配クリーニングです。

宅配クリーニングはスマホからネットで申し込むだけで配送屋さんが引き取りに来てくれます。

大手イオングループのカジタクであればコートもダウンも一律1000円という安さ!近所のクリーニング屋さんよりも安いのではないでしょうか。

その上カジタクは最長9か月保管してくれますので、次のシーズンまで預けておくことも可能ですよ。

クリーニングを利用するなら、格安のほうがいいですよね。

宅配クリーニングで格安なところというと、その名もリネット(Lenet)!リネットはワイシャツ1枚で290円、スーツ上下セッで1610円、コート・ハーフコートは1900円です。

しかも、プレミアム会員になると初回全品50%OFFになり、プレミアム会員は往復送料無料にもなります。

(ご利用額3000円以上)リネットは、毛玉取り、毛取り、しみ抜きが無料のほか、水洗い全品、柔軟剤を使ったような優しい肌触りに仕上げてくれます!クリーニング屋さんに預けたコードなどをそのままにし、使いたい時に引き取りに行けばいいやと考えている人が多いようで、クリーニング店の方は非常に頭を抱えています。

クリーニング屋さんはその名のごとくクリーニングしてくれるお店であって、洋服を保管してくれるお店ではありません。

クリーニングと保管も希望する方は、宅配クリーニングサービスを使いましょう。

宅配クリーニングあれば、衣類預かりサービスを設けているところが大半ですので、罪悪感なく預けることができますよ。

参考:宅配クリーニング比較ランキング

保管期間は最長で9か月ほどなのでシーズンごとに引き取ることで上手に衣替えもできますね。

ママさんに是非使ってほしいサービスといえば宅配クリーニング!なぜママの味方なのかというと、ズバリ!クリーニング屋さんに行く必要がなくなるということです。

お子さんが小さいと一緒に出掛けるのも大変ですよね。

しかも重い洗濯物を持って行かなければなりませんので尚更大変です。

ご主人のワイシャツをクリーニングに出すとなるとまとめて出すにしても週1回はお見せに行く羽目になります。

かといって、自宅で糊付けアイロンというのも手間が掛かります。

宅配クリーニングならばお店に行く必要がありませんし、仕上がったお洋服はお家に届けてくれますので楽チンです。

宅配クリーニングの価格を比較したいならamazonや楽天などであれば価格が一同に表示されますので、すぐに費用を比較することができますね。

また複数の業者の料金を比較した口コミサイトや価格コムなども料金比較にはおすすめです。

ただし、個人で運営しているような口コミサイトの場合、掲載されている情報が古いことがありますので公式HPで最新の情報を確認しておくことをおすすめします。

終わったキャンペーンのバナーがそのまま貼られていることもありますので気を付けましょう。

グルーポンという口コミで評判のクーポンサイトをご存知ですか?グルーポンには有名レストランやホテルなど日本中のあらゆるお店のクーポンがたくさん販売されており、クーポンの中には最大90%OFFになるものもあるんですよ。

情報ツウな主婦が活用していると評判のグルーポンには、宅配クリーニングのクーポンも売っているんです。

販売されているクーポンの一部を紹介すると、「リネット」で使用できる3000円OFFのクーポンが1000円で購入できるものや、洗濯便の布団2枚分通常料金17388円が51%OFFの8500円になるクーポンなど通常よりもめちゃくちゃお得な料金で利用できるクーポンが多数販売されています。

カジノ宅配KAJITAKUはイオングループの宅配クリーニングです。

コートもダウンも1着1
000円の明朗会計です。

カジタクの保管付き宅配クリーニングは、全てを一律料金でクリーニングし、最長9ヶ月保管してくれるというサービスです。

自宅に引き取りに来てくれるため、洗濯物をお店に持っていく手間が省けます。

また、2週間以内であれば無料で再仕上をしてくれたり、くすみ・変色・カビ防止、その上、花粉が付きづらくなるやわらか仕上げにしてくれます。

宅配クリーニング屋さんで衣類を保管してくれる業者はいくつかあるので、どこの業者がおすすめか比較して見たいと思いますのでご参考になさってください。

手間暇かけて綺麗にしてくれると評判のリナビスは、ボタンの修理や毛玉取り等が無料になっており、無料で6か月間衣類の保管してくれます。

洗宅倉庫は単品衣類なら1着500円、詰め放題なら10着まで1000円からで、最長で9か月間衣類や布団を保管してくれます。

そめママは、24時間除湿と換気が徹底管理された倉庫で保管してくれます。

お洋服の保管期間は最長で6か月です。

宅配クリーニングを使ってみようかなと迷っているあなた、この場で宅配クリーニングの使い方を簡単に紹介しますので、参考してください!今回は人気急上昇のリネットの使い方を紹介します。

まずはスマホかパソコンでネット予約をします。

次に洗濯に出す衣類集めておき、配達員が自宅に来たら渡される箱に衣類を詰め配達員に渡します。

衣服が工場に届き次第、検品が始まり料金が決定となります。

その後、クリーニングされ、最後には自宅に戻ってくるという流れです。

リネットの目玉として、超速配達サービスという最短で翌日に届けてくれる制度があります。

対象地域は東京都23区に限られますが、急ぎの用件があるときには大助かりですね。

アマゾンで宅配クリーニングの依頼が可能だということをご存知ですか?お店によっては利用方法が一部異なるかもしれませんが、一般的に、クリーニングする服をいれる袋を購入し、購入した袋の中にクリーニングしたい服を入れ送るというシステムです。

袋と一緒に送付先が記載済みの伝票が入っていますので、衣類を袋に入れて送るだけという簡単さと、アマゾンで申し込める便利さで人気を博しています。

登録されている商品によっては洋服のクリーニングだけでなく、クリーニング+保管というサービスも行っている業者もあり、季節ごとに服をクリーニングし保管しておきたいという方にもお勧めです。

1回あたりにかかる料金や、保管期間、評判や実績など宅配クリーニングの選び方は人によって色々違います。

なるべく長く保管をしてもらいたいのであればイオングループのカジタク(最長9か月)、実績を望むなら創業56年のリナビスがおすすめです。

また、クリーニングに出す予定の洋服が対応されているかというのもチョイスするポイントになるのではないでしょうか?水着、靴などはクリーニング非対応の業者もありますので、まずは、クリーニングに出せるか確認しましょう。

あとは、楽天やamazonからでも申し込めるかなど手軽さやポイントバックなどの面から比較してもいいですね。